エントリー

不良品を流出させないという責任感を持って仕事に取り組んでいます

鈴木

平成27年入社 | 生産管理部 検査課

製品ごとのコツがわかってきて1日の検査数量が増えたときはやりがいを感じます

私は検査課に所属しています。仕事の内容は外観検査といって、製品の外観を目視でチェックして変形や傷がある不良品が流出しないよう見つけ出す仕事です。
検査には検査手順書があり、決められた検査手順に従って検査を行います。最初のうちは慣れないので検査するのに時間が掛かりますが、慣れていくにしたがって時間が短くなり、検査できる数量も増えていきます。
そして、毎日検査を繰り返すことで、製品ごとのコツがわかってきます。製品にはいろいろな形状があり、各々にクセがあって悪くなりやすいところとかが見えてきます。また、製造する機械、製造するオペレーターにもクセがあり、それらを掴むことにより、より速くより正確な検査を行えるようになったときはやりがいを感じます。
検査工程は、出荷前の最終的な工程を担っているので、不良品を流出させないという責任感を持って仕事に取り組んでいます。

TOP